7【会議を円滑に進めるために、知っておくべきこと】

女性が会議に参加する際の、服装や身だしなみのポイントについてご紹介。

女性が会議に参加する際の、服装や身だしなみのポイントについてご紹介。

近年は男女が同じ様に仕事をする環境が整い、女性が企業の重要なポストに就くのが珍しくなくなりました。その結果、女性が会議に出席する機会も増えてきましたが、どんな服装で会議に出れば良いのか迷う人も多いでしょう。企業によっては、就業中の女性の服装について厳しいルールが定められていない事もあるので、自分自身で服装を決めなくてはなりません。

オフィス内の自分のデスクで仕事をする分には、好きな服装をしていても問題になる事はありませんが、色々な人が一堂に会する会議に出席する時は、どんな服装でも良いという訳にはいきません。場違いな印象を与える格好で会議に出席してしまうと、他の参加者からの評価も下がり、妥当な意見でも賛成してもらえない事にもなってしまいます。また、まだ女性を外見だけで判断する人も多いので、会議に出る時の服装には気を付けましょう。


~女性が会議に参加する際の服装について~


会議での女性の服装は、清潔感があってあまり派手ではないものが適切です。特に役職に就いている人や社外の人が参加する会議には、スーツ、ジャケットとスカート、ジャケットとパンツのいずれかを着用しましょう。ダークカラーの服装でないといけないと考える人もいる様ですが、ダークカラー以外でも落ち着いた色であれば、重要な会議にも着用して行けます。ベージュやオフホワイトなどの服は、顔を明るく見せる効果がありますので、相手に良い印象を与える事ができます。あまりダークカラーにこだわり過ぎると、堅苦しいファッションになってしまって、思う様に会議で発言できなくなってしまうでしょう。スーツ以外の服装でもよい会議もありますが、ミニスカートやジーパンなどは会議には向いていません。スカートは、椅子に座った際に膝が隠れる長さのものを選びましょう。

他社で行われる会議の場合、移動中に服がシワになってしまうので、動きやすくシワになりにくいポリエステルのパンツが最適です。外部の人を交えた会議は、所属している組織の代表として相手に会う事になりますから、だらしない恰好にならない様に注意して下さい。女性の服装の乱れは男性以上に目に付きますから、会議前に念入りに身なりのチェックをする必要があります。女性の同行者がいる時は、お互いの服装を確認し合いましょう。また、シャツやブラウスは、無地やストライプなどの無難な柄を選んで下さい。襟が付いている白のシャツは、清潔感が感じられる会議に相応しい服なので、持っていると重宝します。ビジネス用のストッキングを着用して、全体的に肌の露出が少ない様に注意しましょう。

~女性が会議に参加する時のメイク(お化粧)、髪型などについて~


メイクについても、清潔感が感じられる程度に留めるのが適切です。メイクをし過ぎたり、派手な色を使うのは避けましょう。会議中にメイクが気になっても、その場で何かする事はできませんから、会議室に入る前にトイレなどでチェックしておく様にして下さい。

髪型はまとめたり、一つに結ぶなどしておきましょう。髪を染めている場合で、比較的地味な色なら問題ありませんが、人目を引く様な色は避けて下さい。


~女性が会議に参加する時のアクセサリー、靴、バッグなどについて~


大きなモノや派手なデザインではないアクセサリーなら身に着けていても良いですが、できれば会議には着用しない方が無難です。男性の出席者が多い会議では、他にアクセサリーを着けている人がいないので、地味なアクセサリーでもやたらと目立ってしまいます。急に会議に出る事になった時は、アクセサリーを外して出席する様にしましょう。高価なアクセサリーを身に付けるよりも、スッキリとした出で立ちの方が、自信を持っていると感じられます。

会議にバッグを持って行く時は、余りカジュアルなバッグはやめて、ビジネス用のバッグにしましょう。会議用のバッグはデザインよりも、機能やサイズを優先して選ぶ必要があります。余裕を持ってA4用紙が入るサイズのバッグでないと、バッグを持って行く意味がありません。収納するモノに相応しいサイズのビジネス用のバッグを使い、書類や資料の状態が悪くならない様にして下さい。私物を入れるバッグと、会議用のバッグは別にした方が良いでしょう。

一人だけ前に出て発表する事もありますから、サンダル・スニーカー・トングミュールなどは控えて下さい。キラキラしたアクセサリーの付いた靴や高価なブランドの靴も、避けましょう。ヒールの高さが3センチ~5センチのパンプスを履いていれば問題ありません。

全体的に落ち着いたデザインで、清潔感が感じられる服装であれば良いのですが、組織によって服装の基準が異なる事もありますので、他の女性の服装を参考にしたり先輩社員に質問して詳しい情報を入手しておく様にしましょう。

場違いに感じられる服装を着て会議に出席してしまうと、自分が戸惑うだけではなく会議全体が落ち着かない雰囲気となってしまいますので、慎重に服装を選んで下さい。突然会議に開催される可能性がある職場に勤務している場合は、更衣室などに会議用の服を用意しておけば、慌てる事無く対応できるでしょう。