豊川の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトで登録がある豊川の貸し会議室は、10名以下の小規模な人数で利用できる貸し会議室やレンタルスペースがございます。具体的には、10名以下で利用が可能な会議室・レンタルスペース、40名規模で利用できるよう間仕切りを取れる会議室があります。会議、商談、面接、セミナーに、大変便利にお使いいただける会議室を完備しております。

豊川の会議室の料金相場

豊川の貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスのしやすさといった条件によって異なります。会議室セレクトで取り扱っているところでは、10名以下の少人数で利用できる貸し会議室は1,300円~、40名ほどで利用できる貸し会議室は4,200円程度が相場です。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。

豊川の会議室の用途

豊川でのレンタル会議室の利用用途はさまざまですが、企業の会社説明会やセミナー、研修や面接、ミーティングなどで利用されることが多くあります。また、個人主催の習い事教室のレッスンやワークショップという用途でも活用されています。シネマの貸し切りが可能な会場では、大規模な研修会や社内イベントの開催で使われています。

豊川 愛知県

1件を表示

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。
金額
1,375~4,125円/h(目安)
住所 愛知県豊川市下長山町アライ14-1
4階
最寄駅 JR飯田線 牛久保 徒歩14分
TEL 050-5287-6230 人数 最大40名
部屋名 スクール 島型 口の字 コの字 正餐 立食 シアター 金額  
ミーティングルーム① 10人 --- --- --- --- --- --- ¥2,750〜
ミーティングルーム② 8人 --- --- --- --- --- --- ¥1,375〜
ミーティングルーム①+② --- --- --- --- --- --- 40人 ¥4,125〜

1件を表示

豊川と会議室について

愛知県の東三河エリアに属する豊川市は、豊橋市に次ぐ人口を持ち、名古屋の中京圏や豊橋都市圏に属しています。市の東部には豊川(とよがわ)、西部には音羽川、中心部には佐奈川などが流れ、市南西部にある三河湾につながっています。市の北部は主に山地となっており、ゴルフ場が多数建設されています。豊橋市、岡崎市、新城市、蒲郡市と隣接しており、同じ東三河の自治体として、単独の市町村では実施が困難であった新たな連携事業や、国・県からの事務権限の移譲に向けた取り組みにも積極的にチャレンジするべく、東三河広域連合を発足するなど、つながりを強めています。観光の面では、日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」が商売繁盛の神様として全国的に有名です。妙厳寺の境内に鎮守として祀られた「豊川枳尼真天」の通称で、寺社混合の珍しい施設です。表参道では、様々な種類のいなり寿司や、油揚げでハンバーグを挟んだ「いなりバーガー」などを販売したお店が並び、観光客を楽しませています。豊川市観光協会のキャラクターも、「いなりん」という豊川いなり寿司のイメージキャラクターになっており、地域のPRに一役買っています。そのほかにも、「ぎょぎょランド」という全国的にも珍しい淡水魚水族館もあり、豊川の魚や生物を中心に、自然に近い状態で展示されています。自然と文化も豊かな豊川市の中心地は、中心市街地商業等活性化基本計画で定められた「諏訪地区」「豊川地区」及び「中央通地区」と呼ばれる3地区で、エリア内の約6割を商業地域が占める、商業に特化した区域です。
豊川の貸し会議室やレンタルホールも、このエリア周辺に多く運営されている傾向があり、会議や研修、懇親会・パーティー、セミナー・講演、試験・面接、展示会場など様々な用途で利用されています。


東海の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている東海の貸し会議室は、2019年6月現在108件です。愛知県には87件、静岡県には18件、岐阜県には3件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用人数や駅からのアクセスの良さなどの条件によって変動します。また、エリアごとに相場が異なり、中心部であれば高めに、郊外にいくにつれて低めに設定されていることが多いといわれています。

東海ってどんなエリア?

東海エリアは、愛知県・岐阜県・静岡県の3県のことを指します。場合によっては、ここに三重県が入ることもあります。東海エリアは、愛知県・豊田市を中心とした自動車産業や、川崎重工業・三菱重工業などの航空・宇宙産業をメインとし、その関連企業が多く存在することが特徴です。三重県には四日市市に石油コンビナートが、津市には造船部品等の工場があるなど、主に産業が盛んな場所です。

東海での貸し会議室の利用用途

東海での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会であることが多いといわれています。また、個人では、セミナーやレッスン、打ち合わせやパーティなどに貸し会議室が利用されています。


愛知と会議室について

愛知県は日本列島のほぼ中心に位置し、およそ約754万人と東京都、神奈川県、大阪府についで、全国で4番目に人口の多い県です。県庁所在地である名古屋市のほか、自動車産業が有名な豊田市、八丁味噌の産地として有名な岡崎市などから成り立っています。東名、名神、名阪など、主要な高速道路とつながっているほか、東海道新幹線、JR、地下鉄、近鉄、名鉄と多くの路線が走っており、交通アクセスが非常に良い場所です。また空路に関しても、中部国際空港もあることから、海外とのアクセスも可能です。愛知の中心である名古屋駅周辺には高層ビルが立ち並んでおり、商業施設が立ち並んでいます。中区丸の内が名古屋のビジネス街と呼ばれており、多くの人が行きかう場所になっており、セミナーやイベントも多数開催されます。伏見・栄エリアは文化的な施設や観光・ショッピングのスポットが立ち並ぶ、名古屋のもうひとつの繁華街です。名古屋駅とのアクセスも良いことから企業のオフィスも多く、中小規模の貸会議室やコワーキングスペース併設の会場なども多く運営されています。


豊川と会議室について

愛知県の東三河エリアに属する豊川市は、豊橋市に次ぐ人口を持ち、名古屋の中京圏や豊橋都市圏に属しています。市の東部には豊川(とよがわ)、西部には音羽川、中心部には佐奈川などが流れ、市南西部にある三河湾につながっています。市の北部は主に山地となっており、ゴルフ場が多数建設されています。豊橋市、岡崎市、新城市、蒲郡市と隣接しており、同じ東三河の自治体として、単独の市町村では実施が困難であった新たな連携事業や、国・県からの事務権限の移譲に向けた取り組みにも積極的にチャレンジするべく、東三河広域連合を発足するなど、つながりを強めています。観光の面では、日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」が商売繁盛の神様として全国的に有名です。妙厳寺の境内に鎮守として祀られた「豊川枳尼真天」の通称で、寺社混合の珍しい施設です。表参道では、様々な種類のいなり寿司や、油揚げでハンバーグを挟んだ「いなりバーガー」などを販売したお店が並び、観光客を楽しませています。豊川市観光協会のキャラクターも、「いなりん」という豊川いなり寿司のイメージキャラクターになっており、地域のPRに一役買っています。そのほかにも、「ぎょぎょランド」という全国的にも珍しい淡水魚水族館もあり、豊川の魚や生物を中心に、自然に近い状態で展示されています。自然と文化も豊かな豊川市の中心地は、中心市街地商業等活性化基本計画で定められた「諏訪地区」「豊川地区」及び「中央通地区」と呼ばれる3地区で、エリア内の約6割を商業地域が占める、商業に特化した区域です。
豊川の貸し会議室やレンタルホールも、このエリア周辺に多く運営されている傾向があり、会議や研修、懇親会・パーティー、セミナー・講演、試験・面接、展示会場など様々な用途で利用されています。