神奈川県の会議室一覧

神奈川の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトが取り扱っている神奈川の貸し会議室数は約56件です。 具体的には、10名以下で使えるレンタルスペースが18件、 20~30名程度で利用できる会議室は33件、 50~100名ほどを収容できる レンタルルーム が25件、 200~300名ほどで利用できる ミーティングルーム が9件あります。 小規模な人数での利用から、 500名以上の大人数での利用まで幅広いシチュエーションに対応した貸し会議室を用意しています。大型の会議室、ホール、シアター施設から、少人数で使えるレンタルスペース、 セミナー会場、コワーキングスペースなど様々な選択肢があります。

神奈川の会議室の料金相場

神奈川の貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスのしやすさといった条件によって異なります。会議室セレクトで取り扱っているところでは、10名以下の少人数で利用できる貸し会議室は300~1万円程度、30~40名ほどで利用できる貸し会議室は300~1万2,000円程度、50~100名規模で利用できる貸し会議室は300~1万4,000円程度、300~500名規模で利用できる貸し会議室は3,000円~10万円程度が相場です。

神奈川の会議室の用途

県内に大規模のビジネス街も多い神奈川では、企業が開催する会議や説明会、採用面接や打ち合わせなどで貸し会議室を利用することが多いといえます。また、ビル内のミーティングスペースよりもしっかりした設備の良い会議室が必要になったり、パーティーを行う必要がある場合にも、外部の大きめの貸し会議室を借りて利用しています。

神奈川県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

関東の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関東の貸し会議室は、2019年6月現在596件です。東京都には484件、千葉県には20件、神奈川県には69件、埼玉県には14件、群馬県には4件、茨城県には4件、栃木県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、地域差があります。また、利用人数や駅からのアクセスの良さといった条件によっても変動します。関東でも、東京都内は相場が高い傾向にあり、郊外に向かうにつれて相場は低くなります。

関東ってどんなエリア?

関東は東京、千葉、神奈川をはじめとして、埼玉、栃木、群馬、茨城の1都6県のことを指します。東京は日本の経済の中心地であり、関東の郊外から都内へと働きに出る人が多くいます。千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬、茨城は主にベッドタウンであり、ビジネス街のほとんどは東京にあります。ただし、企業の本社は都内に多いものの、支店や工場などは、東京以外の6県に置かれることが多いといえます。

関東での貸し会議室の利用用途

関東での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、研修や講演会などで利用されています。また、個人的なセミナーや打ち合わせ、講演会にも使われています。


神奈川と会議室について

神奈川県は、ひとつの県として特徴をひとつに決めることができない、多様性に富んだ地域です。県内は横浜地域(横浜市)、川崎地域(川崎市)、横須賀三浦地域(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)、県央地域(相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)、湘南地域(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町)、県西地域(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)の6つに大別されますが、それぞれ異なる特徴をもちます。例えば、川崎は隣り合った東京都と強い結びつきをもっていますし、相模原は町田と一体化して「さがまち」とよばれる首都圏のベッドタウンというポジションを築いています。横浜市は県内でも独立したエリアブランドを確立しており、湘南エリアは観光やリゾート色の強い雰囲気があります。神奈川県ではレンタルスペースの運営も盛んで、みなとみらいや新横浜など、人が集まりやすい横浜市内を中心に、川崎市、海老名市、藤沢市、厚木市といった県内各地で貸し出されています。JRや市営地下鉄、東急、京急、小田急、新幹線と路線の数も豊富な神奈川では、駅近の会場も多く、備品・設備も豊富な人気のレンタルルーム・セミナー会場・パーティールーム・イベントスペース・展示会場などがたくさんあります。会議室セレクトでも、ミーティングや打ち合わせに最適な貸会議室を多数掲載しています。


神奈川と会議室について

神奈川県は、ひとつの県として特徴をひとつに決めることができない、多様性に富んだ地域です。県内は横浜地域(横浜市)、川崎地域(川崎市)、横須賀三浦地域(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)、県央地域(相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)、湘南地域(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町)、県西地域(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)の6つに大別されますが、それぞれ異なる特徴をもちます。例えば、川崎は隣り合った東京都と強い結びつきをもっていますし、相模原は町田と一体化して「さがまち」とよばれる首都圏のベッドタウンというポジションを築いています。横浜市は県内でも独立したエリアブランドを確立しており、湘南エリアは観光やリゾート色の強い雰囲気があります。神奈川県ではレンタルスペースの運営も盛んで、みなとみらいや新横浜など、人が集まりやすい横浜市内を中心に、川崎市、海老名市、藤沢市、厚木市といった県内各地で貸し出されています。JRや市営地下鉄、東急、京急、小田急、新幹線と路線の数も豊富な神奈川では、駅近の会場も多く、備品・設備も豊富な人気のレンタルルーム・セミナー会場・パーティールーム・イベントスペース・展示会場などがたくさんあります。会議室セレクトでも、ミーティングや打ち合わせに最適な貸会議室を多数掲載しています。