岡山の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトで取り扱っている岡山の貸し会議室は約3件です。ひとつはコワーキングスペース内に設置された4~6名で利用できる貸し会議室、ひとつは10名程度から最大500名まで利用できるホテル内の貸し会議室・貸しホール、そしてもうひとつが100~400名の規模で利用できるシネマです。いずれの会場もJR山陽本線「岡山」駅から徒歩圏内とアクセスに恵まれた立地です。岡山県の南東部に位置する岡山市は、岡山県の政治・経済の中枢として機能しています。特に岡山駅近辺は、大型ショッピングモールが開業し、商業・ビジネスに影響を与え、全国でも注目を集める年に発展しています。

岡山の会議室の料金相場

岡山の貸し会議室の料金相場は、利用人数や駅からのアクセスの良さといった条件によって変動します。会議室セレクトが取り扱っているところだと、10名以下で利用できる貸し会議室は2000~4000円程度、20~50名規模で利用できる貸し会議室は5000円程度、50~100名規模で利用できる貸し会議室は1万8000~3万5000円程度、100~300名規模で利用できる貸し会議室は3万2000~7万8000円程度が相場です。

岡山の会議室の用途

岡山でレンタル会議室が利用されるシチュエーションはさまざまですが、企業の会社説明会やセミナー、商談、打ち合わせなどが大きな用途として挙げられます。また、住民同士の話し合いや個人主催のイベントやワークショップなどでも活用されています。

岡山県

1件を表示

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。
金額
6,050~96,800円/h(目安)
住所 岡山県岡山市北区桑田町1-13
最寄駅 JR山陽本線 岡山 徒歩7分
TEL 050-5286-3581 人数 最大500名
部屋名 スクール 島型 口の字 コの字 正餐 立食 シアター 金額  
泰平 全室 306人 --- --- --- 280人 400人 500人 ¥96,800〜
泰平Ⅰ 144人 --- 66人 --- 140人 220人 252人 ¥54,450〜
泰平Ⅱ 108人 --- 60人 --- 120人 160人 216人 ¥48,400〜
84人 --- 54人 --- 90人 100人 150人 ¥36,300〜
芙蓉 72人 --- 48人 --- 80人 85人 120人 ¥30,250〜
63人 --- 42人 --- 60人 65人 80人 ¥24,200〜
光琳 63人 --- 42人 --- 60人 65人 80人 ¥24,200〜
蓬莱 21人 --- 24人 --- 20人 20人 30人 ¥7,260〜
高砂 21人 --- 24人 --- 20人 20人 30人 ¥7,260〜
末広 24人 --- 24人 --- 20人 20人 30人 ¥7,260〜
ぼたん --- --- --- --- 40人 --- --- ¥12,100〜
あやめ --- --- --- --- 24人 --- --- ¥9,680〜
ききょう --- --- 17人 --- --- --- --- ¥6,050〜
すいせん --- --- 15人 --- --- --- --- ¥6,050〜

1件を表示

岡山と会議室について

中国地方南東部に位置し、瀬戸内海に面する岡山県は、備前(岡山市、備前市、玉野市など)、備中(倉敷市、総社市、高梁市、新見市、笠岡市など)、美作(津山市、真庭市、美作市など)の3つの地方に分けられます。『晴れの国 おかやま』というフレーズ通り、典型的な瀬戸内海式気候で、年間を通じて日照時間が多く降水量が少ないという特徴があります。その気候を生かして白桃やマスカット、ピオーネ、といった高品質の果物を生産しています。金沢の兼六園・水戸の偕楽園と並ぶ、「日本三名園」として名高い岡山後楽園や、江戸時代の街並みと明治時代の西洋建築が共存している倉敷美観地区といった、景観の良いスポットも多く、観光地としても人気です。「桃太郎伝説」発祥の地として、伝説にまつわる地名や旧跡が点在しており、物語に登場する「きび団子」や桃太郎をモチーフにしたグッズも岡山県お土産の定番となっています。近年では、国産ジーンズ発祥の地である倉敷市児島地区も注目を浴びています。産業の面に注目すると、岡山県は全国的には製造業など第2次産業の生産額割合が高く、倉敷市の水島工業地帯には、石油・化学・鉄鋼といった分野で活躍する大企業が集積しており、県内製造品出荷額の半数を占めているといわれます。県内に張り巡らされた高速道路や、新幹線をはじめとした東西南北につながる路線、国内外への玄関口となっている岡山桃太郎空港など、交通基盤が充実しています。
岡山県内の貸し会議室の多くは、新幹線の駅がある岡山市の中心部や、中核市に指定されている倉敷市で運営されています。研修会やミーティング、各種パーティーなど様々な用途で需要があります。


岡山と会議室について

中国地方南東部に位置し、瀬戸内海に面する岡山県は、備前(岡山市、備前市、玉野市など)、備中(倉敷市、総社市、高梁市、新見市、笠岡市など)、美作(津山市、真庭市、美作市など)の3つの地方に分けられます。『晴れの国 おかやま』というフレーズ通り、典型的な瀬戸内海式気候で、年間を通じて日照時間が多く降水量が少ないという特徴があります。その気候を生かして白桃やマスカット、ピオーネ、といった高品質の果物を生産しています。金沢の兼六園・水戸の偕楽園と並ぶ、「日本三名園」として名高い岡山後楽園や、江戸時代の街並みと明治時代の西洋建築が共存している倉敷美観地区といった、景観の良いスポットも多く、観光地としても人気です。「桃太郎伝説」発祥の地として、伝説にまつわる地名や旧跡が点在しており、物語に登場する「きび団子」や桃太郎をモチーフにしたグッズも岡山県お土産の定番となっています。近年では、国産ジーンズ発祥の地である倉敷市児島地区も注目を浴びています。産業の面に注目すると、岡山県は全国的には製造業など第2次産業の生産額割合が高く、倉敷市の水島工業地帯には、石油・化学・鉄鋼といった分野で活躍する大企業が集積しており、県内製造品出荷額の半数を占めているといわれます。県内に張り巡らされた高速道路や、新幹線をはじめとした東西南北につながる路線、国内外への玄関口となっている岡山桃太郎空港など、交通基盤が充実しています。
岡山県内の貸し会議室の多くは、新幹線の駅がある岡山市の中心部や、中核市に指定されている倉敷市で運営されています。研修会やミーティング、各種パーティーなど様々な用途で需要があります。