地域で探す貸し会議室情報 | 倉敷の貸し会議室一覧

倉敷の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、倉敷にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

倉敷の会議室の料金相場

倉敷の料金相場は、大人数での会議、立食パーティーや、小会議、研修からプレゼン、セミナーなど、用途に合わせて多目的に利用できる会議室が有り、適切な規模の会場を適切なご予算で選定できます。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動します。また3時間以上からの貸し出しが条件となっている会議室も有りますので、詳細を確認の上お申し込みください。

倉敷の会議室の用途

倉敷では、ビジネスエリアに近い街だと、企業のセミナーや説明会、採用面接や試験といった用途でレンタル会議室が使われることが多くあります。また、大人数が収容できる会場の場合、入社式や総会といった全社的なイベントやパーティーにも使われます。他にも、個人主催のワークショップや習い事の会場としても利用されることが増えています。

倉敷 岡山県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

倉敷と会議室について

倉敷市は、岡山県南部に位置する市。白壁の町並みが残る倉敷美観地区、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋などで知られる。中心となる駅は倉敷駅となり山陽本線や伯備線に接続されている。行政区域が倉敷・児島・玉島・水島・庄・茶屋町・船穂・真備と8区分される。美観地区は、倉敷川の辺りに広がる歴史的な街並みが残るエリア。江戸時代から約300年続く街並みは、美術館などの文化施設も多く立ち並んでいます。児島は、繊維産業で栄えた地域で、四国の玄関口でもある。玉島・船穂は、山陽新幹線の新倉敷駅があり、江戸時代に貿易港として栄えた港町で、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のロケ地にもなった。真備は、古墳や遺跡などが多い、歴史の町である。エリア毎に特徴のある倉敷市はこれまでに市町村合併を繰り返し、市域を広げてきた。そのため、市内でも地域によって歴史や文化が異なっている。

倉敷市では、 講演会・展示会、説明会、セミナー、ミーティング、各種パーティー、ワークショップ、交流会など用途は様々で、ビジネス目的での利用も多いとされます。駅から近い高品質な貸会議室や、リーズナブルな価格設定の会場が人気を集めているほか、ホワイトボード、プロジェクターなどの備品が充実したホールも問い合わせが多いようです。


岡山と会議室について

中国地方南東部に位置し、瀬戸内海に面する岡山県は、備前(岡山市、備前市、玉野市など)、備中(倉敷市、総社市、高梁市、新見市、笠岡市など)、美作(津山市、真庭市、美作市など)の3つの地方に分けられます。『晴れの国 おかやま』というフレーズ通り、典型的な瀬戸内海式気候で、年間を通じて日照時間が多く降水量が少ないという特徴があります。その気候を生かして白桃やマスカット、ピオーネ、といった高品質の果物を生産しています。金沢の兼六園・水戸の偕楽園と並ぶ、「日本三名園」として名高い岡山後楽園や、江戸時代の街並みと明治時代の西洋建築が共存している倉敷美観地区といった、景観の良いスポットも多く、観光地としても人気です。「桃太郎伝説」発祥の地として、伝説にまつわる地名や旧跡が点在しており、物語に登場する「きび団子」や桃太郎をモチーフにしたグッズも岡山県お土産の定番となっています。近年では、国産ジーンズ発祥の地である倉敷市児島地区も注目を浴びています。産業の面に注目すると、岡山県は全国的には製造業など第2次産業の生産額割合が高く、倉敷市の水島工業地帯には、石油・化学・鉄鋼といった分野で活躍する大企業が集積しており、県内製造品出荷額の半数を占めているといわれます。県内に張り巡らされた高速道路や、新幹線をはじめとした東西南北につながる路線、国内外への玄関口となっている岡山桃太郎空港など、交通基盤が充実しています。
岡山県内の貸し会議室の多くは、新幹線の駅がある岡山市の中心部や、中核市に指定されている倉敷市で運営されています。研修会やミーティング、各種パーティーなど様々な用途で需要があります。


倉敷と会議室について

倉敷市は、岡山県南部に位置する市。白壁の町並みが残る倉敷美観地区、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋などで知られる。中心となる駅は倉敷駅となり山陽本線や伯備線に接続されている。行政区域が倉敷・児島・玉島・水島・庄・茶屋町・船穂・真備と8区分される。美観地区は、倉敷川の辺りに広がる歴史的な街並みが残るエリア。江戸時代から約300年続く街並みは、美術館などの文化施設も多く立ち並んでいます。児島は、繊維産業で栄えた地域で、四国の玄関口でもある。玉島・船穂は、山陽新幹線の新倉敷駅があり、江戸時代に貿易港として栄えた港町で、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のロケ地にもなった。真備は、古墳や遺跡などが多い、歴史の町である。エリア毎に特徴のある倉敷市はこれまでに市町村合併を繰り返し、市域を広げてきた。そのため、市内でも地域によって歴史や文化が異なっている。

倉敷市では、 講演会・展示会、説明会、セミナー、ミーティング、各種パーティー、ワークショップ、交流会など用途は様々で、ビジネス目的での利用も多いとされます。駅から近い高品質な貸会議室や、リーズナブルな価格設定の会場が人気を集めているほか、ホワイトボード、プロジェクターなどの備品が充実したホールも問い合わせが多いようです。