青森の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトが取り扱っている青森のレンタル会議室は約2件です。シアターを貸し切りにすることが可能なシネマ型の会場が1件と、少人数で利用できる貸し会議室が1件です。シアターの会場は最大200名規模で利用ができ、少人数向けの会場は4名程度を想定したお部屋となっています。コワーキングスペースの内部にあるスペースで、中心都市へのアクセスも容易なエリアに位置しています。

青森の会議室の料金相場

青森の料金相場は、大人数での会議、立食パーティーや、小会議、研修からプレゼン、セミナーなど、用途に合わせて多目的に利用できる大小さまざまな会議室をご利用いただけます。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。また3時間以上からの貸し出しが条件となっている会議室も有りますので、詳細を確認の上お申し込みください。

青森の会議室の用途

青森における貸し会議室の利用用途は、企業がビジネスでの打ち合わせや商談、採用面接や説明会、セミナーや講演会に使われることが多くあります。また、個人的なワークショップやパーティーの開催にも貸し会議室が利用されています。

青森県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

青森と会議室について

青森県は津軽半島と下北半島を抱える本州最北端の県であり、秋田県との県境には世界遺産の白神山地や、景勝地の十和田湖があります。県庁所在地である青森市 、旧津軽藩の城下町の弘前市、つがる市、五所川原市などがある「津軽」地方と、むつ市、十和田市、旧八戸藩城下町である八戸市などがある「南部」地方の2つに大別され、人口は125万人ほどです。産業は、農業や漁業など一次産業が盛んで、気候や地形は変化に富んでおり、豊かな水によって大地に恵みをもたらされます。4つの海に囲まれ、国内屈指の漁港・八戸港で獲れるイカやヒラメをはじめとして、津軽海峡の「大間のマグロ」やアンコウ、陸奥湾ではホタテと、バラエティに富んだ魚介が漁獲、養殖されています。また、豊かな森林資源を活かした林業では、ハイテク技術を駆使した労働力の軽減の取り組みも進められています。春には弘前城さくらまつり、夏には青森ねぶた、弘前ねぷた、といった祭りも開催され、全国から観光客が訪れます。また青森と言えば、方言やイントネーションが特徴的です。「津軽弁」「南部弁」「下北弁」に大別されており、他県民からは聞き慣れない単語も多いため、聞き取れなかった時は「方言が分からないのでゆっくり話してほしい」と伝えることも円滑なコミュニケーションには大切です。青森で貸し会議室やレンタルスペースが活用されるのは、県庁所在地のある青森市内が多い傾向にあるようです。県内有数のビジネスエリアであるとともに、裁判所や税務署に近いため、法律関係の職業の方などが、打合せや商談のために利用することもあるようです。


青森と会議室について

青森県は津軽半島と下北半島を抱える本州最北端の県であり、秋田県との県境には世界遺産の白神山地や、景勝地の十和田湖があります。県庁所在地である青森市 、旧津軽藩の城下町の弘前市、つがる市、五所川原市などがある「津軽」地方と、むつ市、十和田市、旧八戸藩城下町である八戸市などがある「南部」地方の2つに大別され、人口は125万人ほどです。産業は、農業や漁業など一次産業が盛んで、気候や地形は変化に富んでおり、豊かな水によって大地に恵みをもたらされます。4つの海に囲まれ、国内屈指の漁港・八戸港で獲れるイカやヒラメをはじめとして、津軽海峡の「大間のマグロ」やアンコウ、陸奥湾ではホタテと、バラエティに富んだ魚介が漁獲、養殖されています。また、豊かな森林資源を活かした林業では、ハイテク技術を駆使した労働力の軽減の取り組みも進められています。春には弘前城さくらまつり、夏には青森ねぶた、弘前ねぷた、といった祭りも開催され、全国から観光客が訪れます。また青森と言えば、方言やイントネーションが特徴的です。「津軽弁」「南部弁」「下北弁」に大別されており、他県民からは聞き慣れない単語も多いため、聞き取れなかった時は「方言が分からないのでゆっくり話してほしい」と伝えることも円滑なコミュニケーションには大切です。青森で貸し会議室やレンタルスペースが活用されるのは、県庁所在地のある青森市内が多い傾向にあるようです。県内有数のビジネスエリアであるとともに、裁判所や税務署に近いため、法律関係の職業の方などが、打合せや商談のために利用することもあるようです。