いわきの会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、いわきにある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

いわきの会議室の料金相場

いわきの料金相場は、土日祝の休日や早朝・深夜など時間帯の条件で変動することもあります。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。また有線LAN、無線LAN(Wifi)が無料でご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。

いわきの会議室の用途

いわきでのレンタル会議室の利用用途はさまざまですが、企業の会社説明会やセミナー、研修や面接、ミーティングなどで利用されることが多くあります。また、個人主催の習い事教室のレッスンやワークショップという用途でも活用されています。シネマの貸し切りが可能な会場では、大規模な研修会や社内イベントの開催で使われています。

いわき 福島県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

いわきと会議室について

いわき市は、福島県浜通りの南部に位置する市。また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズを筆頭に、アクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持ち市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人。市街地・人口集中地区は平、四倉、小名浜、勿来、常磐などの地区に分散しており、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部の過疎が目立つ。比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、城下町から発展し、いわき市中心部の平(いわき駅・磐城平城周辺)と、工業・海上交通の中心で、港町から発展した小名浜(小名浜港周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、いわきニュータウンを初めとする大規模開発住宅地である。

いわき市での貸し会議室の利用用途はさまざまですが、企業の採用のための面接や説明会、研修会やセミナーに使われていることが多くあります。また、シネマ型の会場ではシアターを貸し切って大規模な社内イベントやセミナーなどで活用されています。小規模な会議室は、個人主催のパーティーや習い事にも使われています。


福島と会議室について

福島県は、全国で3番目に面積が大きい県で、東北地方においては宮城県に次ぐ2番目の人口と県内総生産を誇ります。人口は約183万人とされ、全国で21位ですが、広大な面積のため、人口密度は全国40位となっています。越後山脈や奥羽山脈といった雄大な自然と、会津地鶏を使った鳥めしや田楽、ソースカツどん、喜多方ラーメンといった美味しいご当地グルメも数多くあります。福島県をエリアに分けると、福島エリア(福島市、二本松市、伊達市、本宮市、伊達郡、安達郡)、郡山エリア(郡山市、須賀川市、田村市、岩瀬郡、石川郡、田村郡)、白河エリア(白河市、西白河郡、東白川郡)、猪苗代エリア(耶麻郡)、喜多方エリア(喜多方市、耶麻郡)、会津若松エリア(会津若松市、河沼郡、大沼郡)、南会津エリア(南会津郡)、相双エリア(相馬市、南相馬市、双葉郡、相馬郡)、いわきエリア(いわき市)に分けられ、文化や風土、名産などそれぞれ異なった魅力を発揮しています。県庁所在地の福島市は、東京から約270km、東北新幹線を利用して約90分の位置にあります。JR福島駅は、東北新幹線・山形新幹線が通り、在来線も奥羽本線、東北本線の2路線が通じていて、鉄道アクセスの中心地となっています。福島駅を中心とした福島市内は、県内でも貸し会議室やレンタルスペースが多く運営されている地区となっていて、ビジネスでの商談や打合せはもちろん、講演会やパーティー、展示会などに利用されています。個人がカルチャー教室や、撮影会を開くのにも使用される場合もあるようです。


いわきと会議室について

いわき市は、福島県浜通りの南部に位置する市。また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズを筆頭に、アクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持ち市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人。市街地・人口集中地区は平、四倉、小名浜、勿来、常磐などの地区に分散しており、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部の過疎が目立つ。比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、城下町から発展し、いわき市中心部の平(いわき駅・磐城平城周辺)と、工業・海上交通の中心で、港町から発展した小名浜(小名浜港周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、いわきニュータウンを初めとする大規模開発住宅地である。

いわき市での貸し会議室の利用用途はさまざまですが、企業の採用のための面接や説明会、研修会やセミナーに使われていることが多くあります。また、シネマ型の会場ではシアターを貸し切って大規模な社内イベントやセミナーなどで活用されています。小規模な会議室は、個人主催のパーティーや習い事にも使われています。