富山の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、富山にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

富山の会議室の料金相場

富山の料金相場は、土日祝の休日や早朝・深夜など時間帯の条件で変動することもあります。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。また有線LAN、無線LAN(Wifi)が無料でご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。

富山の会議室の用途

富山でのレンタル会議室の利用用途は色々ありますが、企業の採用面接やセミナー、研修や試験、打ち合わせなどに使われています。また、個人主催のイベントやレッスン、女子会・ママ会などでも活用されています。シネマはシアターを貸し切り、セミナーの研修会や大規模な会議、発表会や社内レクリエーション、イベントライブなどの用途で使われています。

富山県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

富山と会議室について

富山県は、中部地方の日本海側(新潟県を含めた場合の北陸地方のほぼ中央)に位置する県で、石川県、岐阜県、新潟県、長野県と隣接しています。
新潟との県境は難所「親不知」、長野県との県境には北アルプス、石川県との県境宝達丘陵、両白山地があります。また、南の岐阜県境には飛騨山脈(日本アルプス)や飛騨高地があるなど、周囲は山々に囲まれています。
県内を地区に分けると、富山地区(富山市、滑川市、中新川郡上市町・立山町・舟橋村)、新川地区(魚津市、黒部市、下新川郡、朝日町、入善町)、高岡地区(高岡市、射水市、氷見市)、砺波地区(砺波市、小矢部市、南砺市)の4エリアに大別されます。エリアによって、地形・文化・特産物も様々で、素晴らしい観光資源に恵まれた県です。たとえば、新川地区の黒部市では、県内最大級の温泉街「宇奈月温泉」や、人を寄せ付けない断崖が続く「黒部峡谷」が観光スポットとして人気です。黒部峡谷には、観光用のトロッコ電車が走っており、ガラスが設置されていない車窓からは、峡谷の雄大な自然景観を堪能できます。富山地区の立山町には、日本最大級・186mの高さを誇る黒部ダムがあり、立山黒部アルペンルートにおける最大の観光スポットとなっています。7年の歳月をかけて完成した巨大なダムから放水される光景は圧巻で、展望台からは間近で観光放水を鑑賞することもできるようです。商業の面では、配置販売方式で薬の販売を始めた「富山の売薬」や富山湾で水揚げしたブリを信州まで運搬した「ブリ街道」が有名です。富山は古くから北前船で知られる日本海側貿易の中継拠点となっていましたが、現代ではさらに環日本海貿易の拠点として発達しています。
富山のビジネスの中心地は県庁所在地の富山市で、レンタル会議室の運営も多い傾向にあります。MICEが開催できる大型施設や宴会や大小の会議向けの会議室まで幅広いスペースがあります。


富山と会議室について

富山県は、中部地方の日本海側(新潟県を含めた場合の北陸地方のほぼ中央)に位置する県で、石川県、岐阜県、新潟県、長野県と隣接しています。
新潟との県境は難所「親不知」、長野県との県境には北アルプス、石川県との県境宝達丘陵、両白山地があります。また、南の岐阜県境には飛騨山脈(日本アルプス)や飛騨高地があるなど、周囲は山々に囲まれています。
県内を地区に分けると、富山地区(富山市、滑川市、中新川郡上市町・立山町・舟橋村)、新川地区(魚津市、黒部市、下新川郡、朝日町、入善町)、高岡地区(高岡市、射水市、氷見市)、砺波地区(砺波市、小矢部市、南砺市)の4エリアに大別されます。エリアによって、地形・文化・特産物も様々で、素晴らしい観光資源に恵まれた県です。たとえば、新川地区の黒部市では、県内最大級の温泉街「宇奈月温泉」や、人を寄せ付けない断崖が続く「黒部峡谷」が観光スポットとして人気です。黒部峡谷には、観光用のトロッコ電車が走っており、ガラスが設置されていない車窓からは、峡谷の雄大な自然景観を堪能できます。富山地区の立山町には、日本最大級・186mの高さを誇る黒部ダムがあり、立山黒部アルペンルートにおける最大の観光スポットとなっています。7年の歳月をかけて完成した巨大なダムから放水される光景は圧巻で、展望台からは間近で観光放水を鑑賞することもできるようです。商業の面では、配置販売方式で薬の販売を始めた「富山の売薬」や富山湾で水揚げしたブリを信州まで運搬した「ブリ街道」が有名です。富山は古くから北前船で知られる日本海側貿易の中継拠点となっていましたが、現代ではさらに環日本海貿易の拠点として発達しています。
富山のビジネスの中心地は県庁所在地の富山市で、レンタル会議室の運営も多い傾向にあります。MICEが開催できる大型施設や宴会や大小の会議向けの会議室まで幅広いスペースがあります。