地域で探す貸し会議室情報 | 石川の貸し会議室一覧

石川の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは石川県のレンタルスペースの登録が約4件あります。シアターを貸し切りにすることが可能なシネマが3件と、6名程度の少人数で利用できるが貸し会議室が1件です。シネマ型の貸し会場では、約100~400名規模のシアターから参加人数に合わせた会場設定をして、適切な規模の会場を適切なご予算で選定できます。会場設備である大スクリーンや最新デジタルプロジェクターを使用して、上映会やイベントを行うことが可能です。資料や写真・動画の投影はもちろん、舞台上の雰囲気を参加者に伝えることができます。

石川の会議室の料金相場

石川の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスの良さといった条件によって変動します。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。

石川の会議室の用途

石川県でのレンタル会議室の利用用途はさまざまですが、企業の社内研修やセミナー、採用のための説明会や面接、試験などに利用されることが多くあります。また、個人主催のワークショップやレッスン、写真撮影会の開催においても活用されています。

石川県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

石川と会議室について

日本海に突出した能登半島にあり、南北に細長く延びる石川県。県内は大きく分けて4エリアあり、「千里浜なぎさドライブウェイ」や「白米の千枚田」などの絶景が有名な「能登」エリア、加賀藩のお膝元として栄えた城下町であり、現代アートも街中で楽しめる「金沢」エリア、日本三名山のひとつである霊峰白山を臨む「白山」エリア、山代・山中・片山津・粟津という4湯からなる北陸屈指の温泉郷である「加賀」エリアと、それぞれ個性豊かな風土が垣間見えます。近年は北陸新幹線も開通し、東京とのアクセスも良好になっており、関西からも特急サンダーバードを使って約3時間で移動ができるほか、小松空港・のと里山空港という空路でのアクセス方法もあります。観光はもちろん、ビジネス面でも石川県は北陸内で重要な位置にあると言えます。石川県の貸し会議室は、金沢市を中心に、加賀市、小松市、羽咋市、七尾市、野々市市と、各地で運営されています。県庁所在地である金沢は、兼六園や金沢城公園といった観光地の他、メインビジネス街・香林坊・武蔵ヶ辻エリアも広がっており、行政機関や地元の大企業、老舗企業が多く集まっている地域のため、自然と多くの人が集まります。近代的なビルも多く建てられ、最新の設備でセミナーやワークショップ、商談や各種イベントが開催できる場所も増えています。また、県内の温泉地にある貸会場では、宿泊を伴った社内研修で日中は会議室で講習会を、夜は宴会場で懇親会をおこなって交流を深めるケースもあるようです。


石川と会議室について

日本海に突出した能登半島にあり、南北に細長く延びる石川県。県内は大きく分けて4エリアあり、「千里浜なぎさドライブウェイ」や「白米の千枚田」などの絶景が有名な「能登」エリア、加賀藩のお膝元として栄えた城下町であり、現代アートも街中で楽しめる「金沢」エリア、日本三名山のひとつである霊峰白山を臨む「白山」エリア、山代・山中・片山津・粟津という4湯からなる北陸屈指の温泉郷である「加賀」エリアと、それぞれ個性豊かな風土が垣間見えます。近年は北陸新幹線も開通し、東京とのアクセスも良好になっており、関西からも特急サンダーバードを使って約3時間で移動ができるほか、小松空港・のと里山空港という空路でのアクセス方法もあります。観光はもちろん、ビジネス面でも石川県は北陸内で重要な位置にあると言えます。石川県の貸し会議室は、金沢市を中心に、加賀市、小松市、羽咋市、七尾市、野々市市と、各地で運営されています。県庁所在地である金沢は、兼六園や金沢城公園といった観光地の他、メインビジネス街・香林坊・武蔵ヶ辻エリアも広がっており、行政機関や地元の大企業、老舗企業が多く集まっている地域のため、自然と多くの人が集まります。近代的なビルも多く建てられ、最新の設備でセミナーやワークショップ、商談や各種イベントが開催できる場所も増えています。また、県内の温泉地にある貸会場では、宿泊を伴った社内研修で日中は会議室で講習会を、夜は宴会場で懇親会をおこなって交流を深めるケースもあるようです。