大津市 滋賀県

大津市で人気の会議室・レンタルスペース一覧の会議室一覧

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

大津の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、大津にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

大津の会議室の料金相場

大津の料金相場は、土日祝の休日や早朝・深夜など時間帯の条件で変動することもあります。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。また有線LAN、無線LAN(Wifi)が無料でご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。

大津の会議室の用途

大津での貸し会議室の利用用途はさまざまですが、企業の採用のための面接や説明会、研修会やセミナーに使われていることが多くあります。また、シネマ型の会場ではシアターを貸し切って大規模な社内イベントやセミナーなどで活用されています。小規模な会議室は、個人主催のパーティーや習い事にも使われています。

関西の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関西の貸し会議室は、2019年6月現在303件です。大阪府には195件、京都府には38件、兵庫県には58件、滋賀県には4件、三重県には4件、奈良県には3件、和歌山県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅までのアクセスの良さなど、条件によって変動します。また、ビジネス街や栄えている街ほど高くなる傾向にあります。関西も、中心部の相場に比べ、郊外に向かえば向かうほど貸し会議室の料金相場は安くなっていくといえます。

関西ってどんなエリア?

関西エリアは、大阪府をはじめとし、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県の2府5県のことを指します。大阪の梅田エリア・京都の烏丸エリア・兵庫の三宮エリアなど、大阪・京都・兵庫にはそれぞれの県で中心となるビジネス街が存在しています。滋賀や三重、奈良や和歌山は近隣の県へ出て働くことが多いといわれています。

関西での貸し会議室の利用用途

関西での貸し会議場の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会などが多くあります。また、企業としての利用でだけではなく、個人的なセミナーやワークショップ、パーティなどで利用する人もいます。


滋賀と会議室について

日本最大・最古の湖「琵琶湖」が中心にあり、県の面積の1/6を占める滋賀県は、福井県、岐阜県、三重県、京都府と隣接しており、東西文化の境界線になっている地域です。滋賀県をエリア分けしてみると、琵琶湖を中心に大きく4つに分類できます。湖東エリア(東近江市、近江八幡市、彦根市など)は、農業や畜産が盛んな地域で、近江牛といったブランド牛も輩出しています。近年では、国宝「彦根城」とゆるキャラブームの火付け役となった「ひこにゃん」も有名です。湖西エリア(高島市)は、自然豊かな土地で、キャンプ場が多いことで知られ、登山やキャンプを楽しむ人々が関西都市圏から集まってきます。湖南エリア(大津市、草津市、守山市、栗東市など)は、県庁所在地である大津市を含む地域で、比叡山延暦寺、三井寺、石山寺、近江神宮、など著名な寺社仏閣が多いことでも知られています。大企業の工場が建設されたり、大阪・京都のベッドタウンとして開発が進むなど、県内でも人気の高いエリアとなっています。湖北エリア(長浜市、米原市)は特別豪雪地帯に指定されるなど、冬になると雪が深くなることで知られ、伊吹山や余呉町周辺にはスキーやスノーボードを楽しむ人々が集まります。
滋賀県では、大津市をはじめとして、長浜市、草津市、近江八幡市など各地でレンタル会議室が運営されています。セミナー会場・研修室・レンタルキッチン・音楽スタジオ・イベントスペース・貸切カフェ・展示会場など、業態も多種多様で、目的に応じて利用されています。会場を選ぶ際は、駅からの距離とともに、駐車場の有無や送迎サービスを頼めるかも確認してみましょう。


滋賀と会議室について

日本最大・最古の湖「琵琶湖」が中心にあり、県の面積の1/6を占める滋賀県は、福井県、岐阜県、三重県、京都府と隣接しており、東西文化の境界線になっている地域です。滋賀県をエリア分けしてみると、琵琶湖を中心に大きく4つに分類できます。湖東エリア(東近江市、近江八幡市、彦根市など)は、農業や畜産が盛んな地域で、近江牛といったブランド牛も輩出しています。近年では、国宝「彦根城」とゆるキャラブームの火付け役となった「ひこにゃん」も有名です。湖西エリア(高島市)は、自然豊かな土地で、キャンプ場が多いことで知られ、登山やキャンプを楽しむ人々が関西都市圏から集まってきます。湖南エリア(大津市、草津市、守山市、栗東市など)は、県庁所在地である大津市を含む地域で、比叡山延暦寺、三井寺、石山寺、近江神宮、など著名な寺社仏閣が多いことでも知られています。大企業の工場が建設されたり、大阪・京都のベッドタウンとして開発が進むなど、県内でも人気の高いエリアとなっています。湖北エリア(長浜市、米原市)は特別豪雪地帯に指定されるなど、冬になると雪が深くなることで知られ、伊吹山や余呉町周辺にはスキーやスノーボードを楽しむ人々が集まります。
滋賀県では、大津市をはじめとして、長浜市、草津市、近江八幡市など各地でレンタル会議室が運営されています。セミナー会場・研修室・レンタルキッチン・音楽スタジオ・イベントスペース・貸切カフェ・展示会場など、業態も多種多様で、目的に応じて利用されています。会場を選ぶ際は、駅からの距離とともに、駐車場の有無や送迎サービスを頼めるかも確認してみましょう。