神戸市中央区 兵庫県

神戸市中央区で人気の会議室・レンタルスペース一覧の会議室一覧

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

神戸の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは神戸市の貸し会議室の登録が約45件あります。具体的には、10名ほどで利用できるレンタルスペースが17件、20~30名ほどを収容できるレンタル会議室が31件、50~100名規模で利用できる会議室は34件、200~300名ほどを収容できる貸会議室が20件、500名以上の規模で利用できる貸ホール・パーティー会場が7件あります。10名程度で利用できるところから、最大4000名規模で利用できるところまで、さまざまなニーズに対応できるように準備しています。

神戸の会議室の料金相場

神戸市の貸し会議室の料金相場は、収容人数や駅からのアクセスの良さといった条件によって変動します。50名程度を収容できる神戸の会議室はおよそ2,000円~5,000円程度ですが、ホテルの会議室などを借りようとすると、もう少し価格が上昇します。200名ほどを収容できる会議室は、1万円~4万円が神戸の相場です。

神戸の会議室の用途

神戸市での貸し会議室では、ビジネスの中心に近いところだと、企業のセミナーや研修、採用の集団面接や筆記試験といった用途で使われることが多くあります。他にも、個人主催のワークショップやパーティーの会場としても利用されることが増えています。

関西の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関西の貸し会議室は、2019年6月現在303件です。大阪府には195件、京都府には38件、兵庫県には58件、滋賀県には4件、三重県には4件、奈良県には3件、和歌山県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅までのアクセスの良さなど、条件によって変動します。また、ビジネス街や栄えている街ほど高くなる傾向にあります。関西も、中心部の相場に比べ、郊外に向かえば向かうほど貸し会議室の料金相場は安くなっていくといえます。

関西ってどんなエリア?

関西エリアは、大阪府をはじめとし、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県の2府5県のことを指します。大阪の梅田エリア・京都の烏丸エリア・兵庫の三宮エリアなど、大阪・京都・兵庫にはそれぞれの県で中心となるビジネス街が存在しています。滋賀や三重、奈良や和歌山は近隣の県へ出て働くことが多いといわれています。

関西での貸し会議室の利用用途

関西での貸し会議場の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会などが多くあります。また、企業としての利用でだけではなく、個人的なセミナーやワークショップ、パーティなどで利用する人もいます。


兵庫と会議室について

兵庫県は、近畿地方最大の面積を持つ県で、南北に細長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に接している珍しい県としても知られています。摂津・播磨・但馬・丹波・淡路という歴史も風土も異なる個性豊かな五国から構成された歴史を持ち、現在もそれぞれの文化を育んでいます。兵庫県を地域に分けると、県南東部の阪神エリア(神戸市、三田市、宝塚市、西宮市、伊丹市、尼崎市、芦屋市、猪名川町)、南西部の播磨エリア(姫路市、たつの市、太子町、相生市、上郡町、赤穂市、明石市など)、北部の但馬エリア(久慈市、葛巻、豊岡市、宮古市など)、北東部の丹波エリア(丹波市、篠山市、多可町、西脇市)、瀬戸内海東部の淡路エリア(淡路市、洲本市、南あわじ市)に分類されます。世界文化遺産にも登録された姫路城や、阪神タイガースの本拠地である甲子園球場、絢爛豪華な衣装と一流のエンターテイメントが魅力の宝塚歌劇団、本州と淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋として有名な明石海峡大橋など、県内には国内外からの観光客が訪れるスポットが目白押しです。なかでも神戸・三宮付近は、異国情緒が漂う北野・異人館街といった観光スポットはもちろん、商業施設が軒を連ねるショッピング街としても、大企業の本社や支店が集中するビジネス街としても大きく発展しています。
多くの人が集まる兵庫県では、レンタルスペースの需要も様々で、セミナーやワークショップ、講演会、お稽古、パーティー、会食、展示会など多様な用途で利用されています。特に神戸市内にはレンタル会議室の登録が多く、駅近の会場に人気が集まっているようです。


兵庫と会議室について

兵庫県は、近畿地方最大の面積を持つ県で、南北に細長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に接している珍しい県としても知られています。摂津・播磨・但馬・丹波・淡路という歴史も風土も異なる個性豊かな五国から構成された歴史を持ち、現在もそれぞれの文化を育んでいます。兵庫県を地域に分けると、県南東部の阪神エリア(神戸市、三田市、宝塚市、西宮市、伊丹市、尼崎市、芦屋市、猪名川町)、南西部の播磨エリア(姫路市、たつの市、太子町、相生市、上郡町、赤穂市、明石市など)、北部の但馬エリア(久慈市、葛巻、豊岡市、宮古市など)、北東部の丹波エリア(丹波市、篠山市、多可町、西脇市)、瀬戸内海東部の淡路エリア(淡路市、洲本市、南あわじ市)に分類されます。世界文化遺産にも登録された姫路城や、阪神タイガースの本拠地である甲子園球場、絢爛豪華な衣装と一流のエンターテイメントが魅力の宝塚歌劇団、本州と淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋として有名な明石海峡大橋など、県内には国内外からの観光客が訪れるスポットが目白押しです。なかでも神戸・三宮付近は、異国情緒が漂う北野・異人館街といった観光スポットはもちろん、商業施設が軒を連ねるショッピング街としても、大企業の本社や支店が集中するビジネス街としても大きく発展しています。
多くの人が集まる兵庫県では、レンタルスペースの需要も様々で、セミナーやワークショップ、講演会、お稽古、パーティー、会食、展示会など多様な用途で利用されています。特に神戸市内にはレンタル会議室の登録が多く、駅近の会場に人気が集まっているようです。