地域で探す貸し会議室情報 | 関西空港周辺の貸し会議室一覧

関西空港周辺の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、関西空港周辺にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

関西空港周辺の会議室の料金相場

関西空港周辺の料金相場は、大人数での会議、立食パーティーや、小会議、研修からプレゼン、セミナーなど、用途に合わせて多目的に利用できる会議室が有り、適切な規模の会場を適切なご予算で選定できます。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動します。また3時間以上からの貸し出しが条件となっている会議室も有りますので、詳細を確認の上お申し込みください。

関西空港周辺の会議室の用途

関西空港周辺でのレンタル会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会であることが多いといわれています。国内外へのアクセスに秀でたエリアですので、遠方からのゲストにも安心です。

関西空港周辺 大阪府

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

関西空港周辺と会議室について

関西国際空港は、大阪府泉佐野市その他にある24時間運用の空港である。大阪湾の人工島にある世界初の本格的な海上空港には国際線50路線以上、国内線11路線が就航する。近畿地区の唯一の定期国際線空港として、また大阪国際空港(伊丹空港)・神戸空港と共に国内線のゲートウェイとして機能している。関空へのアクセスには鉄道(JR西日本・南海電鉄)やバス、高速船が利用されている。
JR 関空特急はるかを使った場合、新大阪駅から45分。南海空港特急ラピートを使った場合、南海難波駅から33分。JR 関空快速を使った場合、大阪駅から63分。関西空港交通のリムジンバスが、近畿各地に20路線以上を運航している。日本の空港の中では、旅客数と着陸回数は第3位、国際線だけで見ると成田国際空港に次ぐ第2位で、国際線の旅客数・着陸回数が国内線より多い空港は、関西国際空港と成田国際空港だけとなっている。
2012年以降、LCC(格安航空会社)の拡大と大阪や京都への訪日外国人客の増加に伴って、発着回数・旅客数ともに拡大している。
日本国内の各空港と世界を結ぶハブとなる関西国際空港は、多彩な催事や国際会議にも対応する宴会場利用可能な会議室やMICEにも対応できるホールでは、関西国際空港の抜群なロケーション、広域からのアクセスの利便性を活かし、「採用研修」「会社説明会」「面接会場」としても利用されています。 ビジネスホテルなどの宿泊施設も多くあり、会議の後の懇親会や宿泊も安心です。


関西の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関西の貸し会議室は、2019年6月現在303件です。大阪府には195件、京都府には38件、兵庫県には58件、滋賀県には4件、三重県には4件、奈良県には3件、和歌山県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅までのアクセスの良さなど、条件によって変動します。また、ビジネス街や栄えている街ほど高くなる傾向にあります。関西も、中心部の相場に比べ、郊外に向かえば向かうほど貸し会議室の料金相場は安くなっていくといえます。

関西ってどんなエリア?

関西エリアは、大阪府をはじめとし、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県の2府5県のことを指します。大阪の梅田エリア・京都の烏丸エリア・兵庫の三宮エリアなど、大阪・京都・兵庫にはそれぞれの県で中心となるビジネス街が存在しています。滋賀や三重、奈良や和歌山は近隣の県へ出て働くことが多いといわれています。

関西での貸し会議室の利用用途

関西での貸し会議場の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会などが多くあります。また、企業としての利用でだけではなく、個人的なセミナーやワークショップ、パーティなどで利用する人もいます。


大阪と会議室について

大阪府は、西日本の行政・経済・文化・交通の中心であり、東京都、神奈川県に次いで日本第3位の人口規模です。約883万9,000人が暮らす大阪は、県庁所在地の大阪市のほか、箕面市、池田市、茨木市、高槻市などがある北大阪地域、守口市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、八尾市などがある東部大阪地域、堺市、和泉市、岸和田市、泉佐野市などがある泉州地域、松原市、藤井寺市、羽曳野市、大阪狭山市、太子町、富田林市、河南町、千早赤阪村、河内長野市がある南河内地域に分かれています。
主なビジネス街は梅田エリア・本町エリア・中之島エリア・堂島エリア・淀屋橋エリア・新大阪エリアの6つで、拠点を置く会社も多く、商業施設なども集中しています。
交通網が発達しており、JR、大阪メトロ、阪急、阪神、近鉄、南海など多くの鉄道が府内外を走っています。
多くの人が行きかう大阪は、ニーズも多種多様で、貸し会議室やレンタルスペースの利用用途もさまざまです。大型イベントや展示会を行うためのコンベンションホールから、少人数で行うミーティングのための会議室、写真の撮影会を行えるスタジオなどが挙げられます。会社の拠点が比較的多い梅田、本町、淀屋橋、堂島、中之島、新大阪などのエリアでは、企業が開催するセミナーや会議のニーズが多い傾向にあるといえるでしょう。一方で、ベイエリアは大型のイベント、展示即売会なども開催されています。その他の住宅地の多い地域では、個人がカルチャー教室の開催などで使用するため、リーズナブルな価格設定のレンタルスペースに人気があるようです。


関西空港周辺と会議室について

関西国際空港は、大阪府泉佐野市その他にある24時間運用の空港である。大阪湾の人工島にある世界初の本格的な海上空港には国際線50路線以上、国内線11路線が就航する。近畿地区の唯一の定期国際線空港として、また大阪国際空港(伊丹空港)・神戸空港と共に国内線のゲートウェイとして機能している。関空へのアクセスには鉄道(JR西日本・南海電鉄)やバス、高速船が利用されている。
JR 関空特急はるかを使った場合、新大阪駅から45分。南海空港特急ラピートを使った場合、南海難波駅から33分。JR 関空快速を使った場合、大阪駅から63分。関西空港交通のリムジンバスが、近畿各地に20路線以上を運航している。日本の空港の中では、旅客数と着陸回数は第3位、国際線だけで見ると成田国際空港に次ぐ第2位で、国際線の旅客数・着陸回数が国内線より多い空港は、関西国際空港と成田国際空港だけとなっている。
2012年以降、LCC(格安航空会社)の拡大と大阪や京都への訪日外国人客の増加に伴って、発着回数・旅客数ともに拡大している。
日本国内の各空港と世界を結ぶハブとなる関西国際空港は、多彩な催事や国際会議にも対応する宴会場利用可能な会議室やMICEにも対応できるホールでは、関西国際空港の抜群なロケーション、広域からのアクセスの利便性を活かし、「採用研修」「会社説明会」「面接会場」としても利用されています。 ビジネスホテルなどの宿泊施設も多くあり、会議の後の懇親会や宿泊も安心です。