高崎の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、高崎にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

高崎の会議室の料金相場

高崎の料金相場は、大人数での会議、立食パーティーや、小会議、研修からプレゼン、セミナーなど、用途に合わせて多目的に利用できる会議室が有り、適切な規模の会場を適切なご予算で選定できます。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動します。また3時間以上からの貸し出しが条件となっている会議室も有りますので、詳細を確認の上お申し込みください。

高崎の会議室の用途

高崎でのレンタルスペースの利用は、企業のミーティングや説明会、研修やセミナー、打ち合わせなどに使われています。1000名以上の会議室利用の場合は、企業の全社会議やパーティーでも利用されています。また、個人主催のワークショップの会場として活用されることも増えてきています。

高崎 群馬県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

高崎と会議室について

高崎市は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。古くから交通の要衝で、中山道と三国街道の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点になるなど、全国有数の交通拠点都市である。新幹線の停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地前橋市の玄関口ともなっており、群馬県の交通の中心地である。高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線が通り、群馬バスが、高崎駅を中心に市内のほぼ全域に路線バス網を持つ。市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。高崎市は「音楽のある街、高崎」と銘打って群馬交響楽団を生み、群馬音楽センターを象徴とし、毎年10月中旬には、高崎マーチングフェスティバルが開催されている。

高崎市では、 講演会・展示会、説明会、セミナー、ミーティング、各種パーティー、ワークショップ、交流会など用途は様々で、ビジネス目的での利用も多いとされます。駅から近い高品質な貸会議室や、リーズナブルな価格設定の会場が人気を集めているほか、ホワイトボード、プロジェクターなどの備品が充実したホールも問い合わせが多いようです。


関東の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関東の貸し会議室は、2019年6月現在596件です。東京都には484件、千葉県には20件、神奈川県には69件、埼玉県には14件、群馬県には4件、茨城県には4件、栃木県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、地域差があります。また、利用人数や駅からのアクセスの良さといった条件によっても変動します。関東でも、東京都内は相場が高い傾向にあり、郊外に向かうにつれて相場は低くなります。

関東ってどんなエリア?

関東は東京、千葉、神奈川をはじめとして、埼玉、栃木、群馬、茨城の1都6県のことを指します。東京は日本の経済の中心地であり、関東の郊外から都内へと働きに出る人が多くいます。千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬、茨城は主にベッドタウンであり、ビジネス街のほとんどは東京にあります。ただし、企業の本社は都内に多いものの、支店や工場などは、東京以外の6県に置かれることが多いといえます。

関東での貸し会議室の利用用途

関東での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、研修や講演会などで利用されています。また、個人的なセミナーや打ち合わせ、講演会にも使われています。


群馬と会議室について

群馬は、県庁所在地を前橋市におく、関東地方の北西部の県です。 埼玉県、新潟県、長野県、栃木県、福島県に隣接しており、海がない内陸県であることが特徴のひとつです。養蚕・繊維工業などの伝統産業のほか、畜産・野菜栽培・機械工業が盛んで、東京都をはじめとした関東の電力・上水道供給地としても知られています。県の南東部は都市化が進んでいて、工業地域を形成しています。浅間山、榛名山、赤城山、妙義山の上毛三山、草津白根山など活発な活火山があり、関連して草津温泉や伊香保温泉などの有名な温泉地もあります。また、一世帯当たりの自動車保有台数が全国1位となっており、交通の手段は車が多い傾向にあります。群馬県での貸し会議室、レンタルホールの需要はいろいろな場面であり、社内セミナーや研修会、展示会、アンケート調査の会場といった利用や、趣味の教室、ワークショップ、勉強会、異業種交流会といったイベントに活用されることもあるようです。都会の喧騒を忘れさせる豊かな緑に囲まれた、宿泊研修を目的とした施設もあり、社員同士の親交を深めたり、ゆっくりリラックスした雰囲気で研修を開くこともできます。前橋市や高崎市をはじめ、伊勢崎市、太田市、館林市といった県内各地で会議室が運営されています。会場を予約する際は、駐車場が隣接しているか、ホワイトボードやスクリーンといった備品はレンタル可能か、ケータリングサービスは利用できるのか、など当日の流れも踏まえて確認をすることをおすすめします。


高崎と会議室について

高崎市は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。古くから交通の要衝で、中山道と三国街道の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点になるなど、全国有数の交通拠点都市である。新幹線の停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地前橋市の玄関口ともなっており、群馬県の交通の中心地である。高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線が通り、群馬バスが、高崎駅を中心に市内のほぼ全域に路線バス網を持つ。市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。高崎市は「音楽のある街、高崎」と銘打って群馬交響楽団を生み、群馬音楽センターを象徴とし、毎年10月中旬には、高崎マーチングフェスティバルが開催されている。

高崎市では、 講演会・展示会、説明会、セミナー、ミーティング、各種パーティー、ワークショップ、交流会など用途は様々で、ビジネス目的での利用も多いとされます。駅から近い高品質な貸会議室や、リーズナブルな価格設定の会場が人気を集めているほか、ホワイトボード、プロジェクターなどの備品が充実したホールも問い合わせが多いようです。