新木場の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、新木場にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

新木場の会議室の料金相場

新木場の料金相場は、土日祝の休日や早朝・深夜など時間帯の条件で変動することもあります。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。また有線LAN、無線LAN(Wifi)が無料でご利用可能な貸し会議室も多くあり、目的に応じ詳細ページを確認するようにしましょう。

新木場の会議室の用途

新木場では、企業の会議や説明会、面接や打ち合わせなどで貸し会議室を利用することが多いといえます。また、ビルの打ち合わせスペースよりもしっかりした設備の良い会議室が必要になったり、パーティを行う必要が出てきたりというときにも、大きめの貸し会議室を借りて利用しています。

新木場 東京都

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

新木場と会議室について

新木場は、東京都江東区の町名。材木商の事務所や木材加工、合板工場が集積し、木材・合板博物館といった施設も存在する。一方で、物流会社の営業所など他産業の進出も進んでいる。1988年に有楽町線、1990年にJR京葉線、1996年にりんかい線が都心と繋がり、鉄道交通の要衝になった。駅前には大企業のオフィスビルが建ち、臨海部のビジネス街として栄えている。一方、地区計画により住宅建設は規制されており、定住人口は低いままである。
新木場駅は、京葉線・有楽町線・りんかい線の接続駅であり、有楽町線とりんかい線の終着駅である。新木場駅周辺は戦後になって埋め立てられた「夢の島」の一角である。
東京ゲートブリッジは、その姿から『恐竜橋』とも呼ばれ、歩道からは東京スカイツリーや臨海副都心、晴れた日には富士山まで見渡すことができるおすすめのおでかけスポットです。東京ゲートブリッジの足元に広がる若洲海浜公園・若洲公園では、キャンプやゴルフ、釣りなどのレジャーなどと併せて、家族や仲間同士、カップルでも楽しめるエリアです。
新木場は、お台場や東京ビッグサイト、幕張メッセ、東京ディズニーリゾートといった施設や行楽地に向かう路線の乗り換え駅であるため、休日を中心に観光客の乗り換えでも賑わいます。

新木場では、広範囲からのアクセスの良さを活かし、企業の採用面接、会社説明会、入社時研修も盛んに行われています。近隣にホテルなどの宿泊施設も多数あるため、全国から社員を集めた宿泊研修や、そのあとの懇親会の開催など、あらゆるニーズに対応できます。大手の貸しホールでは、イベント運営のノウハウを蓄積した経験豊富な専門スタッフも在籍し、レイアウトの提案や、備品の手配などをサポートしてくれるので、初めての場合でも安心です。


関東の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている関東の貸し会議室は、2019年6月現在596件です。東京都には484件、千葉県には20件、神奈川県には69件、埼玉県には14件、群馬県には4件、茨城県には4件、栃木県には1件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、地域差があります。また、利用人数や駅からのアクセスの良さといった条件によっても変動します。関東でも、東京都内は相場が高い傾向にあり、郊外に向かうにつれて相場は低くなります。

関東ってどんなエリア?

関東は東京、千葉、神奈川をはじめとして、埼玉、栃木、群馬、茨城の1都6県のことを指します。東京は日本の経済の中心地であり、関東の郊外から都内へと働きに出る人が多くいます。千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬、茨城は主にベッドタウンであり、ビジネス街のほとんどは東京にあります。ただし、企業の本社は都内に多いものの、支店や工場などは、東京以外の6県に置かれることが多いといえます。

関東での貸し会議室の利用用途

関東での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、研修や講演会などで利用されています。また、個人的なセミナーや打ち合わせ、講演会にも使われています。


東京都と会議室について

東京都は江戸時代から日本の首都として発展し、現在は政治や経済、文化をはじめとしたさまざまな分野で日本の中心を担っています。約1,300万人が住まう東京は、特別区の23区と26市5町8村の行政区から成り立っています。東京23区では交通網が発達し、多くの会社が拠点を置き、商業施設なども集中しています。また、観光地や美術館、博物館などの文化施設が多いことも特徴です。都心からアクセスが便利な多摩地域は、自然や教育、商業、娯楽なども充実していることから、居住の拠点として子育て世代に人気のエリアです。太平洋上に分布する島々、島しょ地域は豊かな自然が溢れて、多くの観光客が訪れています。
さまざまな分野で日本の中心を担う東京は、多様なニーズが溢れていることから、会議室やレンタルスペースの利用用途も多岐に渡ります。大規模な会合、イベントを行うための会場から、少人数で行う会議室や、カルチャー教室に適したスタジオなどが挙げられます。会社の拠点が比較的多い丸の内・大手町などの千代田区、赤坂・六本木・新橋・汐留エリアのある港区、日本橋・京橋・茅場町がある中央区などは、企業が開催する会議やセミナーなどのニースが多い傾向にあると言えるでしょう。一方で、世田谷や吉祥寺などの住宅街では、カルチャー教室などのニーズが多く、予約が簡単でリーズナブルにレンタルできるため地元の方々から人気のようです。


新木場と会議室について

新木場は、東京都江東区の町名。材木商の事務所や木材加工、合板工場が集積し、木材・合板博物館といった施設も存在する。一方で、物流会社の営業所など他産業の進出も進んでいる。1988年に有楽町線、1990年にJR京葉線、1996年にりんかい線が都心と繋がり、鉄道交通の要衝になった。駅前には大企業のオフィスビルが建ち、臨海部のビジネス街として栄えている。一方、地区計画により住宅建設は規制されており、定住人口は低いままである。
新木場駅は、京葉線・有楽町線・りんかい線の接続駅であり、有楽町線とりんかい線の終着駅である。新木場駅周辺は戦後になって埋め立てられた「夢の島」の一角である。
東京ゲートブリッジは、その姿から『恐竜橋』とも呼ばれ、歩道からは東京スカイツリーや臨海副都心、晴れた日には富士山まで見渡すことができるおすすめのおでかけスポットです。東京ゲートブリッジの足元に広がる若洲海浜公園・若洲公園では、キャンプやゴルフ、釣りなどのレジャーなどと併せて、家族や仲間同士、カップルでも楽しめるエリアです。
新木場は、お台場や東京ビッグサイト、幕張メッセ、東京ディズニーリゾートといった施設や行楽地に向かう路線の乗り換え駅であるため、休日を中心に観光客の乗り換えでも賑わいます。

新木場では、広範囲からのアクセスの良さを活かし、企業の採用面接、会社説明会、入社時研修も盛んに行われています。近隣にホテルなどの宿泊施設も多数あるため、全国から社員を集めた宿泊研修や、そのあとの懇親会の開催など、あらゆるニーズに対応できます。大手の貸しホールでは、イベント運営のノウハウを蓄積した経験豊富な専門スタッフも在籍し、レイアウトの提案や、備品の手配などをサポートしてくれるので、初めての場合でも安心です。