地域で探す貸し会議室情報 | 沖縄の貸し会議室一覧

沖縄の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、沖縄にある魅力的な貸し会議室・レンタルスペースの掲載会場を募集しています。 収容人数、駅からの距離などで絞り込める検索システムを実装しており、会議室、ホテル・宿泊研修施設、イベントホール、コワーキング、自習室など「会場タイプ」からも調べられます。懇親会・パーティー、セミナー・講演、研修、試験・面接といった様々な目的で会場をお探しの方とのマッチングをお手伝いいたします。ぜひ、会議室セレクトへの登録をご検討ください!

沖縄の会議室の料金相場

沖縄の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスの良さといった条件によって変動します。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。

沖縄の会議室の用途

沖縄では、企業の会議や説明会、面接や打ち合わせなどで貸し会議室を利用することが多いといえます。また、ビルの打ち合わせスペースよりもしっかりした設備の良い会議室が必要になったり、パーティを行う必要が出てきたりというときにも、大きめの貸し会議室を借りて利用しています。

沖縄県

該当する会議室がありません。

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。

該当する会議室がありません。

沖縄と会議室について

沖縄県の県庁所在地及び最大の都市は那覇市。日本で最も西にあり、沖縄本島、宮古島、石垣島など多くの島々から構成されています。北部広域(名護市、国頭郡、伊江島)、中部広域(沖縄市、うるま市、宜野湾市、中頭郡)、離島(久米島、慶良間諸島)、先島諸島(宮古島市、石垣市)に大別されます。沖縄はかつて琉球王国として栄え、日本と中国との貿易の中継点として繁栄した。このため、日本本土とは異なる独特な文化が特徴的である。これらの文化を継承した観光産業が盛んになっています。
沖縄への飛行機でのアクセスは、東京国際空港(羽田)から1日26便 所要2時間30分から40分。大阪伊丹、神戸、関西国際空港から1日18便 所要1時間50分から2時間。福岡空港から1日17便 所要1時間35分程度と国内各地、離島間と結んでいます。
那覇空港駅から首里駅までの間、沖縄モノレール、通称「ゆいレール」が運行されている。 開通は2003年。以来、観光の足、市民の足として重宝されている。 那覇空港駅-首里駅間の12.9kmを27分で結んでいる。 県庁、国際通り、おもろまちなど市内の主要部を結ぶため朝夕は混雑となります。

貸し会議室の運営は、那覇市中心市街地でなされていることが多く、少人数向けのレンタルスペースで勉強会や、ミーティング、レッスンなどが開催されたり、50名弱が収容できる貸し会議室で、セミナー会場やテレワークオフィスとして利用されています。


沖縄と会議室について

沖縄県の県庁所在地及び最大の都市は那覇市。日本で最も西にあり、沖縄本島、宮古島、石垣島など多くの島々から構成されています。北部広域(名護市、国頭郡、伊江島)、中部広域(沖縄市、うるま市、宜野湾市、中頭郡)、離島(久米島、慶良間諸島)、先島諸島(宮古島市、石垣市)に大別されます。沖縄はかつて琉球王国として栄え、日本と中国との貿易の中継点として繁栄した。このため、日本本土とは異なる独特な文化が特徴的である。これらの文化を継承した観光産業が盛んになっています。
沖縄への飛行機でのアクセスは、東京国際空港(羽田)から1日26便 所要2時間30分から40分。大阪伊丹、神戸、関西国際空港から1日18便 所要1時間50分から2時間。福岡空港から1日17便 所要1時間35分程度と国内各地、離島間と結んでいます。
那覇空港駅から首里駅までの間、沖縄モノレール、通称「ゆいレール」が運行されている。 開通は2003年。以来、観光の足、市民の足として重宝されている。 那覇空港駅-首里駅間の12.9kmを27分で結んでいる。 県庁、国際通り、おもろまちなど市内の主要部を結ぶため朝夕は混雑となります。

貸し会議室の運営は、那覇市中心市街地でなされていることが多く、少人数向けのレンタルスペースで勉強会や、ミーティング、レッスンなどが開催されたり、50名弱が収容できる貸し会議室で、セミナー会場やテレワークオフィスとして利用されています。