地域で探す貸し会議室情報 | 瀬戸の貸し会議室一覧

瀬戸の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトで登録がある瀬戸の貸し会議室は、30名程度の人数で利用できる貸し会議室やレンタルスペースがございます。駅からのアクセスも良く、プロジェクターやモニター、ホワイトボード、スクリーンなどの充実の設備と備品は安心のお値段で貸し出しすることが可能なシネマタイプの会場もございます。

瀬戸の会議室の料金相場

瀬戸の貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスのしやすさといった条件によって異なります。会議室セレクトで取り扱っているところでは、40名ほどで利用できる貸し会議室は1,200円程度~が相場です。島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。

瀬戸の会議室の用途

瀬戸でのレンタル会議室の利用用途はさまざまですが、ビジネス街にほど近いところだと、企業のセミナーや説明会、面接や試験といった用途で使われることが多くあります。また、企業が行う試験や面接、イベントやパーティーにも使われます。他にも、個人主催のワークショップの会場としても利用されることが増えています。

瀬戸 愛知県

1件を表示

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。
金額
1,157~1,157円/h(目安)
住所 愛知県瀬戸市共栄通1-30
最寄駅 名鉄瀬戸線 瀬戸市役所前 徒歩5分
TEL 050-5287-6200 人数 最大36名
部屋名 スクール 島型 口の字 コの字 正餐 立食 シアター 金額  
6階会議室 36人 --- --- --- --- --- --- ¥1,157〜

1件を表示

瀬戸と会議室について

瀬戸は、名古屋市から北東へ約20㎞の位置にある愛知県の市です。名鉄瀬戸線で名古屋市の栄や大曽根までは30分程度で移動でき、普通から急行まで全部の電車が停車するため、約10分間隔で電車が来るなど、非常にアクセスに恵まれています。また、愛知環状鉄道で春日井市や豊田市への交通手段もあり、通勤・通学に便利です。東海環状自動車道にはせと品野、せと赤津の2つのインターがあり、関東・関西方面への移動も便利です。瀬戸市は、日常的に使われる食器類の総称「せともの(瀬戸物)」の語源となる「瀬戸焼」の産地です。平安時代中期ごろには、現在の瀬戸市周辺で陶器の生産が行われていたとされ、瀬戸焼は1300年の歴史を持つといわれています。瀬戸のやきもの産業は、原料作りから出荷まで、各製造工程を分業して成り立ってきました。明治以降、コストとスピードを重視した「大量生産」に移行するにあたり、一つ一つ手作りをするよりも、型をつくって量産し、絵付けをするよりも印判で転写する、というように様々な職人が各工程を担当するようになりました。今日、瀬戸のやきものは洋食器や工芸品といった従来の製品だけにとどまらず、ノベルティや碍子、ファインセラミックスなど技術と活躍の幅を広げています。また、瀬戸市は豊かな自然に恵まれており、三国山や猿投山といった東部の山地から続く丘陵地では、ハイキングから本格的なトレッキングまで楽しめる東海自然歩道があります。春は定光寺での花見、秋は岩屋堂でのもみじ狩りが、地元の人々にも愛されています。
瀬戸市での会議室の用途は様々で、企業説明会や会議、セミナー、講習会、資格試験の会場などで利用されています。電車でのアクセスも良いので、名古屋市内からゲストを招いてのミーティングも開催しやすいでしょう。


東海の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている東海の貸し会議室は、2019年6月現在108件です。愛知県には87件、静岡県には18件、岐阜県には3件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用人数や駅からのアクセスの良さなどの条件によって変動します。また、エリアごとに相場が異なり、中心部であれば高めに、郊外にいくにつれて低めに設定されていることが多いといわれています。

東海ってどんなエリア?

東海エリアは、愛知県・岐阜県・静岡県の3県のことを指します。場合によっては、ここに三重県が入ることもあります。東海エリアは、愛知県・豊田市を中心とした自動車産業や、川崎重工業・三菱重工業などの航空・宇宙産業をメインとし、その関連企業が多く存在することが特徴です。三重県には四日市市に石油コンビナートが、津市には造船部品等の工場があるなど、主に産業が盛んな場所です。

東海での貸し会議室の利用用途

東海での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会であることが多いといわれています。また、個人では、セミナーやレッスン、打ち合わせやパーティなどに貸し会議室が利用されています。


愛知と会議室について

愛知県は日本列島のほぼ中心に位置し、およそ約754万人と東京都、神奈川県、大阪府についで、全国で4番目に人口の多い県です。県庁所在地である名古屋市のほか、自動車産業が有名な豊田市、八丁味噌の産地として有名な岡崎市などから成り立っています。東名、名神、名阪など、主要な高速道路とつながっているほか、東海道新幹線、JR、地下鉄、近鉄、名鉄と多くの路線が走っており、交通アクセスが非常に良い場所です。また空路に関しても、中部国際空港もあることから、海外とのアクセスも可能です。愛知の中心である名古屋駅周辺には高層ビルが立ち並んでおり、商業施設が立ち並んでいます。中区丸の内が名古屋のビジネス街と呼ばれており、多くの人が行きかう場所になっており、セミナーやイベントも多数開催されます。伏見・栄エリアは文化的な施設や観光・ショッピングのスポットが立ち並ぶ、名古屋のもうひとつの繁華街です。名古屋駅とのアクセスも良いことから企業のオフィスも多く、中小規模の貸会議室やコワーキングスペース併設の会場なども多く運営されています。


瀬戸と会議室について

瀬戸は、名古屋市から北東へ約20㎞の位置にある愛知県の市です。名鉄瀬戸線で名古屋市の栄や大曽根までは30分程度で移動でき、普通から急行まで全部の電車が停車するため、約10分間隔で電車が来るなど、非常にアクセスに恵まれています。また、愛知環状鉄道で春日井市や豊田市への交通手段もあり、通勤・通学に便利です。東海環状自動車道にはせと品野、せと赤津の2つのインターがあり、関東・関西方面への移動も便利です。瀬戸市は、日常的に使われる食器類の総称「せともの(瀬戸物)」の語源となる「瀬戸焼」の産地です。平安時代中期ごろには、現在の瀬戸市周辺で陶器の生産が行われていたとされ、瀬戸焼は1300年の歴史を持つといわれています。瀬戸のやきもの産業は、原料作りから出荷まで、各製造工程を分業して成り立ってきました。明治以降、コストとスピードを重視した「大量生産」に移行するにあたり、一つ一つ手作りをするよりも、型をつくって量産し、絵付けをするよりも印判で転写する、というように様々な職人が各工程を担当するようになりました。今日、瀬戸のやきものは洋食器や工芸品といった従来の製品だけにとどまらず、ノベルティや碍子、ファインセラミックスなど技術と活躍の幅を広げています。また、瀬戸市は豊かな自然に恵まれており、三国山や猿投山といった東部の山地から続く丘陵地では、ハイキングから本格的なトレッキングまで楽しめる東海自然歩道があります。春は定光寺での花見、秋は岩屋堂でのもみじ狩りが、地元の人々にも愛されています。
瀬戸市での会議室の用途は様々で、企業説明会や会議、セミナー、講習会、資格試験の会場などで利用されています。電車でのアクセスも良いので、名古屋市内からゲストを招いてのミーティングも開催しやすいでしょう。