豊明の会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、豊明市で名古屋市緑区近郊のレンタルスタジオを約1件取り扱っています。「スタジオカカイ」は、名鉄名古屋本線 名鉄一宮 徒歩23分の立地にあるレンタルスタジオです。7m×6mの広いスタジオでダンスレッスン・ダンススクール・塾・セミナー講習会・ワークショップ・体験会・ウクレレ教室等、幅広いシチュエーションに対応出来るスペースです。休憩スペース、テーブル、椅子、ホワイトボード、エアコン、CDプレイヤー(スマートフォン・携帯オーディオプレイヤー接続可)もご準備しております!

豊明の会議室の料金相場

豊明の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスの良さといった条件によって変動します。インターネット・音響や映像設備・液晶プロジェクターなどご利用可能な貸し会議室も多くあり、島型で使うのか立食形式で使うかなど、机の配置の仕方でも収容人数は変動するので、詳細ページを確認するようにしましょう。

豊明の会議室の用途

豊明でのレンタルスタジオの利用用途は、ダンスレッスン・ダンススクール・塾・セミナー講習会・ワークショップ・体験会の他、企業が開催するイベントやちょっとした打ち合わせ、小規模なセミナーなどが多いといえます。また、コワーキングスペースを貸し切った個人主催のイベントやセミナーも開催されています。

豊明 愛知県

1件を表示

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。
金額
1,500~1,500円/h(目安)
住所 愛知県豊明市二村台2-19-19
最寄駅 名鉄名古屋本線 名鉄一宮 徒歩23分
TEL 050-5349-8025 人数 最大0名
部屋名 スクール 島型 口の字 コの字 正餐 立食 シアター 金額  
スタジオカカイ --- --- --- --- --- --- --- ¥1,500〜

1件を表示

豊明と会議室について

愛知県尾張地方にある豊明市は、名古屋市に隣接した街で、織田信長が今川義元を討ったことで有名な「桶狭間の戦い」の主戦場となった桶狭間古戦場伝説地を有しています。市内を通る鉄道は、東西に貫通する名鉄名古屋本線の1路線のみで、駅も「豊明駅」「前後駅」の2駅となっています。そのため、コミュニティバス、名鉄バス、名古屋市営バスといった路線バスと自家用車での移動が多いようです。豊明市で有名なスポットといえば、今川義元の墓など桶狭間の戦いにまつわる石碑が多数見られる「桶狭間古戦場伝説地」が一番に挙げられます。今川義元の本陣があった場所については諸説ありますが、ここは唯一国指定史跡とされています。歴史ファンが多く訪れており、ボランティアガイドの方々の案内を聞くこともできるようです。
他にも、歩いて行ける距離にある「中京競馬場」では、こども達がのびのびと遊べるよう、馬場内遊園地やポニーに乗れるポニーリンクといった施設が充実しており、大人だけでなく家族連れも楽しめるスポットとして押し出されています。古くから景勝地として知られている「二村山」では、山頂の展望台から市全域を見渡せ、天気が良ければ猿投山や伊吹山地、御嶽山を一望できます。
豊明市での貸し会議室や貸しホールの需要は様々で、会社の説明会や研修、セミナー、ワークショップ・体験会、レッスン、ヨガ教室、個人的な集まりなど、企業同士のビジネスだけでなく、プライベートの目的や、個人で教室を開きたい人も利用しています。移動は車が多いエリアのため、レンタルスペースを探すときは、敷地内や近隣に駐車場があるかを確認するといいでしょう。また、テーブル・椅子以外のホワイトボード、エアコン、CDプレイヤーなど必要な設備があるか申込み前にチェックしましょう。


東海の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている東海の貸し会議室は、2019年6月現在108件です。愛知県には87件、静岡県には18件、岐阜県には3件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用人数や駅からのアクセスの良さなどの条件によって変動します。また、エリアごとに相場が異なり、中心部であれば高めに、郊外にいくにつれて低めに設定されていることが多いといわれています。

東海ってどんなエリア?

東海エリアは、愛知県・岐阜県・静岡県の3県のことを指します。場合によっては、ここに三重県が入ることもあります。東海エリアは、愛知県・豊田市を中心とした自動車産業や、川崎重工業・三菱重工業などの航空・宇宙産業をメインとし、その関連企業が多く存在することが特徴です。三重県には四日市市に石油コンビナートが、津市には造船部品等の工場があるなど、主に産業が盛んな場所です。

東海での貸し会議室の利用用途

東海での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会であることが多いといわれています。また、個人では、セミナーやレッスン、打ち合わせやパーティなどに貸し会議室が利用されています。


愛知と会議室について

愛知県は日本列島のほぼ中心に位置し、およそ約754万人と東京都、神奈川県、大阪府についで、全国で4番目に人口の多い県です。県庁所在地である名古屋市のほか、自動車産業が有名な豊田市、八丁味噌の産地として有名な岡崎市などから成り立っています。東名、名神、名阪など、主要な高速道路とつながっているほか、東海道新幹線、JR、地下鉄、近鉄、名鉄と多くの路線が走っており、交通アクセスが非常に良い場所です。また空路に関しても、中部国際空港もあることから、海外とのアクセスも可能です。愛知の中心である名古屋駅周辺には高層ビルが立ち並んでおり、商業施設が立ち並んでいます。中区丸の内が名古屋のビジネス街と呼ばれており、多くの人が行きかう場所になっており、セミナーやイベントも多数開催されます。伏見・栄エリアは文化的な施設や観光・ショッピングのスポットが立ち並ぶ、名古屋のもうひとつの繁華街です。名古屋駅とのアクセスも良いことから企業のオフィスも多く、中小規模の貸会議室やコワーキングスペース併設の会場なども多く運営されています。


豊明と会議室について

愛知県尾張地方にある豊明市は、名古屋市に隣接した街で、織田信長が今川義元を討ったことで有名な「桶狭間の戦い」の主戦場となった桶狭間古戦場伝説地を有しています。市内を通る鉄道は、東西に貫通する名鉄名古屋本線の1路線のみで、駅も「豊明駅」「前後駅」の2駅となっています。そのため、コミュニティバス、名鉄バス、名古屋市営バスといった路線バスと自家用車での移動が多いようです。豊明市で有名なスポットといえば、今川義元の墓など桶狭間の戦いにまつわる石碑が多数見られる「桶狭間古戦場伝説地」が一番に挙げられます。今川義元の本陣があった場所については諸説ありますが、ここは唯一国指定史跡とされています。歴史ファンが多く訪れており、ボランティアガイドの方々の案内を聞くこともできるようです。
他にも、歩いて行ける距離にある「中京競馬場」では、こども達がのびのびと遊べるよう、馬場内遊園地やポニーに乗れるポニーリンクといった施設が充実しており、大人だけでなく家族連れも楽しめるスポットとして押し出されています。古くから景勝地として知られている「二村山」では、山頂の展望台から市全域を見渡せ、天気が良ければ猿投山や伊吹山地、御嶽山を一望できます。
豊明市での貸し会議室や貸しホールの需要は様々で、会社の説明会や研修、セミナー、ワークショップ・体験会、レッスン、ヨガ教室、個人的な集まりなど、企業同士のビジネスだけでなく、プライベートの目的や、個人で教室を開きたい人も利用しています。移動は車が多いエリアのため、レンタルスペースを探すときは、敷地内や近隣に駐車場があるかを確認するといいでしょう。また、テーブル・椅子以外のホワイトボード、エアコン、CDプレイヤーなど必要な設備があるか申込み前にチェックしましょう。