地域で探す貸し会議室情報 | あまの貸し会議室一覧

あまの会議室は会議室セレクトにお任せください!

会議室セレクトでは、あま市の貸し会議室を約1件取り扱っています。「あま市七宝産業会館」は、名鉄津島線 木田 徒歩24分の立地にある貸し会議室です。地域産業の振興に寄与する目的をもって、建設されたものです。2階に、第1・第2・大会議室があり、展示会、講演会、研修会、商工業者会議等に幅広く利用ができます。また1階にはあま市市民活動センターも併設し、市民活動やボランティア活動に関するご相談やあま市内の各種情報発信も行なっています。

あまの会議室の料金相場

あまの貸し会議室の料金相場は、利用する人数や駅からのアクセスのしやすさといった条件によって異なります。会議室セレクトで取り扱っているところでは、20名程度で利用できるところ180円~、40名規模で利用できるところが250円~、200名規模で利用できるところが750円程度~が相場です。

あまの会議室の用途

あまでのレンタル会議室の利用用途はさまざまですが、ビジネス街にほど近いところだと、企業のセミナーや説明会、面接や試験といった用途で使われることが多くあります。また、企業が行う試験や面接、イベントやパーティーにも使われます。他にも、個人主催のワークショップの会場としても利用されることが増えています。

あま 愛知県

1件を表示

※料金は各部屋ごとの最低料金(目安)です。
金額
180~729円/h(目安)
住所 愛知県あま市七宝町遠島十坪119-2
最寄駅 名鉄津島線 木田 徒歩24分
名鉄津島線 七宝 徒歩26分
TEL 050-5288-2728 人数 最大192名
部屋名 スクール 島型 口の字 コの字 正餐 立食 シアター 金額  
2階 第1会議室 40人 --- --- --- --- --- --- ¥252〜
2階 第2会議室 --- --- 20人 --- --- --- --- ¥180〜
2階 大会議室 192人 --- --- --- --- --- --- ¥729〜

1件を表示

あまと会議室について

あま市は、愛知県の北西部に位置し、尾張地方に含まれます。市のほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯となっており、平坦な地形が特徴です。近隣の名古屋市、清須市、稲沢市、愛西市、津島市や大治町、蟹江町に接しています。

広大な濃尾平野と河川の恩恵を受け、近郊農業を中心に発展してきたエリアですが、名古屋市の中心部から公共交通機関で約15分という立地から、近年は名古屋市のベッドタウンとしても人気になっています。都心部へのアクセスの良さと、田園風景の住宅地との調和がとれた、緑豊かな街である「あま市」は、海部郡七宝町、美和町、甚目寺町の3つの町が2010年に合併してできた市で、それぞれの地区に歴史があります。例えば、七宝地区では、江戸末期からの地場産業である「七宝焼」の製造が盛んで、伝統工芸品に指定されている「尾張七宝」が有名です。また、美和地区では、蜂須賀正勝や福島正則といった戦国時代の武将を数多く輩出しており、歴史ファンに知られています。甚目寺地区は、国指定重要文化財がある「甚目寺観音」や、漬物の神様が祀られていることで知られる「萱津神社」など歴史深い社寺が散在しています。市内には、「尾張七宝」の歴史や制作工程を見学できる「あま市 七宝焼アートヴィレッジ」や、郷土の歴史・文化を伝える資料を展示した「美和歴史民俗資料館」、旧甚目寺町域で発掘調査された出土品などが飾られている「甚目寺歴史民俗資料館」など、「あま市」の歴史や伝統工芸に触れられる施設が多く建てられています。
あま市の貸し会議室は、駅に近い場所で運営されていることが多く、公共施設の会議室やホール、古民家の一室などが貸し出されているようです。用途は様々で、展示会、講演会、研修会、商工業者会議など、幅広く利用されています。


東海の貸し会議室数

会議室セレクトが取り扱っている東海の貸し会議室は、2019年6月現在108件です。愛知県には87件、静岡県には18件、岐阜県には3件の貸し会議室があります。10名以下の少人数で利用できるところから500名規模の大人数で利用できる会場まで、幅広いニーズに応えられるよう貸し会議室を用意しています。

貸し会議室の料金相場

貸し会議室の料金相場は、利用人数や駅からのアクセスの良さなどの条件によって変動します。また、エリアごとに相場が異なり、中心部であれば高めに、郊外にいくにつれて低めに設定されていることが多いといわれています。

東海ってどんなエリア?

東海エリアは、愛知県・岐阜県・静岡県の3県のことを指します。場合によっては、ここに三重県が入ることもあります。東海エリアは、愛知県・豊田市を中心とした自動車産業や、川崎重工業・三菱重工業などの航空・宇宙産業をメインとし、その関連企業が多く存在することが特徴です。三重県には四日市市に石油コンビナートが、津市には造船部品等の工場があるなど、主に産業が盛んな場所です。

東海での貸し会議室の利用用途

東海での貸し会議室の利用用途は、企業の打ち合わせや商談、面接や説明会、セミナーや講演会であることが多いといわれています。また、個人では、セミナーやレッスン、打ち合わせやパーティなどに貸し会議室が利用されています。


愛知と会議室について

愛知県は日本列島のほぼ中心に位置し、およそ約754万人と東京都、神奈川県、大阪府についで、全国で4番目に人口の多い県です。県庁所在地である名古屋市のほか、自動車産業が有名な豊田市、八丁味噌の産地として有名な岡崎市などから成り立っています。東名、名神、名阪など、主要な高速道路とつながっているほか、東海道新幹線、JR、地下鉄、近鉄、名鉄と多くの路線が走っており、交通アクセスが非常に良い場所です。また空路に関しても、中部国際空港もあることから、海外とのアクセスも可能です。愛知の中心である名古屋駅周辺には高層ビルが立ち並んでおり、商業施設が立ち並んでいます。中区丸の内が名古屋のビジネス街と呼ばれており、多くの人が行きかう場所になっており、セミナーやイベントも多数開催されます。伏見・栄エリアは文化的な施設や観光・ショッピングのスポットが立ち並ぶ、名古屋のもうひとつの繁華街です。名古屋駅とのアクセスも良いことから企業のオフィスも多く、中小規模の貸会議室やコワーキングスペース併設の会場なども多く運営されています。


あまと会議室について

あま市は、愛知県の北西部に位置し、尾張地方に含まれます。市のほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯となっており、平坦な地形が特徴です。近隣の名古屋市、清須市、稲沢市、愛西市、津島市や大治町、蟹江町に接しています。

広大な濃尾平野と河川の恩恵を受け、近郊農業を中心に発展してきたエリアですが、名古屋市の中心部から公共交通機関で約15分という立地から、近年は名古屋市のベッドタウンとしても人気になっています。都心部へのアクセスの良さと、田園風景の住宅地との調和がとれた、緑豊かな街である「あま市」は、海部郡七宝町、美和町、甚目寺町の3つの町が2010年に合併してできた市で、それぞれの地区に歴史があります。例えば、七宝地区では、江戸末期からの地場産業である「七宝焼」の製造が盛んで、伝統工芸品に指定されている「尾張七宝」が有名です。また、美和地区では、蜂須賀正勝や福島正則といった戦国時代の武将を数多く輩出しており、歴史ファンに知られています。甚目寺地区は、国指定重要文化財がある「甚目寺観音」や、漬物の神様が祀られていることで知られる「萱津神社」など歴史深い社寺が散在しています。市内には、「尾張七宝」の歴史や制作工程を見学できる「あま市 七宝焼アートヴィレッジ」や、郷土の歴史・文化を伝える資料を展示した「美和歴史民俗資料館」、旧甚目寺町域で発掘調査された出土品などが飾られている「甚目寺歴史民俗資料館」など、「あま市」の歴史や伝統工芸に触れられる施設が多く建てられています。
あま市の貸し会議室は、駅に近い場所で運営されていることが多く、公共施設の会議室やホール、古民家の一室などが貸し出されているようです。用途は様々で、展示会、講演会、研修会、商工業者会議など、幅広く利用されています。