【大阪】新型コロナウイルス対策のBCP支援! 貸し会議室をテレワークやサテライトオフィスに
2020/4/8

h

緊急事態宣言を受けた東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業が一時的にオフィスを分散する需要が急増しています。
事業継続計画(BCP)の支援の一環として、貸し会議室を緊急避難用の一時使用サテライトオフィスとしてご提供されている貸し会議室やレンタルスペースをご紹介します。

事業継続計画(BCP)とは
BCP(事業継続計画)とは、今回のような新型コロナウイルス感染症の拡大による想定外の事態や自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、どのように企業の重要な事業を停止せずに継続していくか(あるいは早期に再開させるか)、緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

緊急事態は突然発生します。
緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図れるようリスクマネジメントをする事が重要となります。

テレワークやサテライトオフィスのメリット

・オフィスを分散出来る
社員に新型コロナウイルス感染者が万が一出た場合に備えオフィスを分散していると、全ての業務を止めずに済む。

・緊急避難用の一時使用サテライトオフィスの確保

ビルの一次封鎖などが起きた際に、一時的に業務可能な環境を用意する必要が出来た場合、貸し会議室やレンタルスペースで有れば敷金・礼金・仲介手数料・原状回復一切不要、即入居が可能。多くの貸し会議室やレンタルスペースではインターネット環境や設備が整いすぐにオフィスとして使用することが出来る。

・社員のテレワーク場所を確保出来る
自宅だとなかなか集中できない、続かないという方も多いのではないでしょうか。
そんな時に、オンオフがしっかり切り替えらる貸し会議室やレンタルスペースでは
在宅勤務以外のテレワークやリモートワークが可能な環境の整った場所の確保が出来ます。

JEC日本研修センター 心斎橋『BCP支援オフィスプラン』

大阪のBCP支援をしている貸し会議室をご紹介します。

JEC日本研修センター 心斎橋『BCP支援オフィスプラン』
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1-18-11SRビル長堀2,4,5階

BCP支援! 貸し会議室でテレワークやサテライトオフィスに

JEC日本研修センター心斎橋は、大阪長堀橋駅の駅直結とアクセス至便な立地。
『BCP支援オフィスプラン』
事業継続計画(BCP)の支援の一環として、JEC日本研修センターの会議室を緊急避難用の一時使用サテライトオフィスとしてご準備いたしました。
「一時的にオフィスを分散する」「一時的に避難する」「社員のテレワーク場所を確保する」という情勢をサポートできるよう、
当会議室の利用方法に一時的なテレワークスペースやサテライトオフィスとしての特別プランをご用意。
コワーキングスペースとしても開放いたします!

JEC日本研修センター心斎橋貸し会議室はこちら

会議室を探す